多くの人が悩んでいる不妊治療

どれだけの人が妊娠・出産へと至っているのか

様々な不妊治療についての情報を当サイト「多くの人が悩んでいる不妊治療」ではお届けしています。
当サイトに不妊治療のことならお任せください。

 

「心配だけど、どの病院を受診したらいいかわからない」や「子供を持つことに対する二人の気持ちが一致しない」といった人も、案外多いようです。

 

それでは、不妊治療を実際に受けた夫婦のうち、妊娠・出産へとどれだけの人が至っているのでしょうか。
全国的な統計データはこの点に閲し、存在しません。治療を受けた夫婦の約半数が不妊治療実施施設への取材から推定すると、子供を持つようです。

 

まず、不妊治療のうち「一般不妊治療」と呼ばれる範囲(セックスの妊娠に最適なタイミング指導や人工授精など)で全体の4〜5割、およそ13万5000組が妊娠・出産します。
「体外受精」(ART 、アートと呼ばれます) を残りの18万組のうち、5万組弱が行いますが、子供を授かるのは1万5000組程度です(全国統計がこのARTに関しては、あります)。

 

一般不妊治療ではほとんど望めない

「子供を治療を受けたのに授からない」理由は多岐にわたります。女性が高齢であることが最も大きな要因です。妊娠する確率が低い上、流産を妊娠してもしてしまうケースも多くなります。

 

また、一般に体外受精では卵子をたくさん排卵誘発剤を使って作り採卵しますが、卵子が高齢になるほど作られにくくなるため成功率が下がります。
さらに、子供ができにくい原因が夫婦のどちらかにあって、妊娠が一般不妊治療ではほとんど望めないのに、漫然とそのことを知らされず治療を続けている場合もあります。

 

100%治療を受けたからといって、子供を授るわけではないということを知っておきましょう。

 

子宝に恵まれない夫婦は多いですが、決して諦める必要はありません。
的確な不妊治療を受けることで、幸せが訪れてくるかもしれませんよ。

 

この記事に貴方がたどり着いたということは、きっと不妊に関することを調べているのでしょう。
参考にするべきサイトがネットの世界には多数ありますので、まず最初は不妊治療の基本的な知識を学ぶことが大切です。

 

不妊のことについてもし貴方が調べているのでしたら是非ともインターネットをご利用されることをオススメします。
多数確認することが横浜不妊治療のクチコミ情報におきましても出来ますので、きっと横浜不妊治療情報の参考になることでしょう。